不安と独占欲と憎しみの恋愛事件

絶対避けたい恋愛トラブル

訳ありトラブルの中でも男女間のトラブル、恋愛の問題は多くの人を悩ませています。別れ話が切り出せなかったり、別れ話からストーカー問題に発展するケースもあります。報われない愛情は恨みや憎しみに変化するのも時間の問題です。

恋愛トラブルの中でも最も多いのが「別れ話」。金の問題や浮気もありますが、別れ話が最も厄介で危険なトラブルに発展しやすい恐怖の事件がありました。

交際相手を殺害!女性が男を殺す事件

交際相手殺害事件:京都

「好きって言って」への返事に絶望・・・

交際相手を殺害したとして罪に問われたのは37歳の女性でした。
懲役14年の判決が言い渡されています。
職場で知り合った38歳の交際相手の男性を殺害しています。
殺害されたのはゆうちょ銀行社員の男性でした。インターネット記事では実名も出ています。
被害者男性の自宅アパートで、
「好きって言って」と問いかけた返事に絶望を感じたようです。

「ちゃんとしてたらね」

彼を殺し、女性は自殺しようと考えていたようです。
ベルトで首を絞めた上、包丁で左背部を1回突き刺して殺害しました。

この事件では「被害者が元交際相手とよりを戻すのではないかと不安を募らせていた」と指摘されています。

恋愛トラブル!ヤバいと思ったらすぐに相談

恋愛トラブルは必ず前兆があります。「好きと言って」と言われて即応じられない二人の関係性の裏には何かこの先が見えないモヤモヤしたものが想像できます。

「自分のものにならないぐらいなら」
「他人にとられるぐらいなら」

嫉妬の感情は事件を起こしやすいことを覚えておきましょう。

別れ話に不安がある方、どうやって別れを切り出せばいいのか分からない時、専門家に相談するのも良いでしょう。

専門家に相談するメリットは、友人に相談するのとは違い情報漏れを防ぐことだけではありません。デメリットも考慮した解決方法を得られることが挙げられます。