セクハラ問題を抱えたときどうすればいい?

セクハラ問題を訴えられた時の対処方法

セクハラでっち上げられた時、濡れ衣をきせられたらどうしますか?どうしてよいか分からない方はご相談ください。でっちあげセクハラは、対処する方法を間違うと退職損害賠償などの厄介な問題に発展しがちです。
セクハラだけではなく、パワハラからのセクハラなど問題を複雑化させたいためにも早期対応をおすすめします。

地位や名誉が奪われる!後悔しないでっち上げトラブル対応方法

著名クリエイターのセクハラが公になりました。
過去のセクハラを今になって暴露されるハメになってしまった原因は何なのか。

セクハラ・パワハラを受けていたことを明かした作家でブロガーの女性でした。
「人たたく世の中は窮屈」と語っています。

被害に遭った女性は入社した会社で、上司だったクリエイティブ・ディレクターからハラスメントを受けていたようです。
公開後に自身のブログを更新し、告発までにはさまざまな葛藤があったことをつづっています。
「これ以上、過去の苦しかった体験を繰り返し語りたくないというのが本音です」
自身と同じようにセクハラ・パワハラの被害をSNSで訴えた女性が批判を受けてしまったとも。
「コメント欄はその女性の、普段のSNSでの気軽な発言、被害とは全く関係ない言動を咎める内容でした。
被害者であるなら品行方正を貫き、常に被害者としてだけ生きろ、という認識のある方がいるとしたら残念に思います。
こういった証言をしたからといって、今後、公の場で被害者としてしか振舞えないのもおかしな話です」
と、
「セクハラ被害を告発するかどうか迷っている人が一番恐れるのは平穏な日常が奪われてしまうことのように思います」と、告発の妨げとなる問題点も語っているようです。

でっち上げれつるし上げられる!でっち上げの恐怖

セクハラを行いやすいかどか、自分ではなかなか分からないものかもしれません。
上下関係の厳しい会社ではなお、パワハラが当たり前のようになっていることもあります。

  • 自分に逆らう部下を許せない。
  • 立場を利用して異性を口説いたことがある。
  • 夜中でも呼び出せる部下がいる。

異性に対して、性的な要求をした経験がある方はいつ問題が公になってもおかしくないでしょう。

セクハラやパワハラは許されるものではありません。
もちろん、償うべき問題です。

しかし、でっち上げられた場合は別ではないでしょうか。
立場や、性差を利用してセクハラをでっち上げられる男性は世間から見れは批判される立場に追いやられます。

会社では立場や信頼を失うことでしょう。一度失った信頼を取り戻すのは大変難しく不可能な場合もあります。

ワケアリトラブル解決センターにご相談ください。

 

お問い合わせ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。