W不倫!ダブル不倫相手からの嫌がらせで恥をかかされた!

ダブル不倫!訳ありトラブルを相談するなら訳ありトラブル解決センター

中高年の恋愛が盛んな社会になっています。社内結婚が多い職場は、社内恋愛が多いと言い換えることもできるのではないでしょうか?
職場は出会いの宝庫です。
既婚者が不倫に走るきっかけがある出会いの場。
職場恋愛には要注意です。

不倫が多い職場ランキング

  1. 一般企業

    絶対数が多いこともあり第一位です。営業先や出入りする業者なども出会いのきっかけです。社内よりリスクが少ないことから、複数人との恋愛を楽しむ人もいます。

  2. 学校関係

    教師同士や教師と保護者、教師と教育委員会など行事を通じて知り合うきっかけも多数あります。

  3. 医療現場

    医療の現場は閉鎖的なところもあり、医者と看護師の不倫や三角関係は目に余るものがあります。また、高額の慰謝料請求やハニートラップの対象になる事も。

  4. 役所

    教師、公務員同士のダブル不倫は噂のネタにもなりやすく、仕事を装って会っているケースもよくあります。

職場つながりでの飲食店、クラブ、キャバクラなど男性特有の出会いもありますが、それよりもはるかに多いのがSNSです。
職場での出会い以外では、SNSが多いでしょう。Facebookやツイッター、インスタグラムも出会いにつながる傾向が見られます。

浮気や不倫のトラブルは訳ありトラブル解決センターにご相談ください。

地域の恥!健康福祉局内のダブル不倫騒動

W不倫の男女が庁舎内で勤務中みだらな行為をしたようで騒ぎになっています。
兵庫県西宮市は、兵庫県迷惑防止条例違反の罪で罰金刑を受けた健康福祉局の40歳の女性係長と、
勤務中にこの女性係長とみだらな行為を繰り返し職務専念義務に反したとして総務局の35歳の男性副主査を停職3カ月の懲戒処分にしたと発表しました。
女性係長は依願退職したようです。

この2人には不倫関係にあったようです。
女性係長は昨年8、12月、副主査の妻に対して「あんたは人情のない人間だ」などと書かれた文書を自宅や職場に数十通送りつけていたようです。また、副主査の転居先周辺では「前の住居で住民とトラブルがあった」と記した誹謗ビラを数十枚まいていたようです。
また今年には妻の携帯電話に無言電話を8回かけたとして芦屋署に逮捕、起訴されています。

一方、副主査は今年2月までに少なくとも4回、庁舎の会議室などで係長とみだらな行為をしていたようで、その際に係長の写真を撮影していました。
無料通信アプリを使い係長に送信し、消去を求められても無視するなど嫌がらせを繰り返したという背景があるようです。

女性係長は副主査の妻に対する、ねたみ嫉妬があったようです。

【よくあるダブル不倫のご相談例】

①妻の不倫相手が教師だった30代のご相談者 妻の不倫を相談しました。探偵を利用して証拠があります。これを公にしてやりたいと復讐を考えていました。しかし、妻の不倫相手が子供の担任だったことが分かり、公にする不安を感じて相談しました。

→子供を介する出会いで不倫関係が始まるケースがあります。このようなケースは少なくありません。学校関係や習い事での出会いが多く、長期間不倫関係が継続しているケースもあります。噂が流れて妻の浮気を疑い始めた男性もいました。家族が誹謗中傷の的にされる前に手を打つ必要があります。水面下での解決が望ましいでしょう。

②夫の不倫相手が友人だった 40代のご相談者 夫の浮気に気が付いたのは友人AとのLINEでした。Aは、私の親友です。子供が生まれてからは家族ぐるみでのお付き合いです。Aから夫へのLINEが来ていることに気付き、夫に聞くと否定されました。不審に思い相談しました。

→狭い範囲での不倫は、問題がこじれやすいのが現状です。友人との浮気や不倫は、二人そろって隠そう、騙そうと工作します。知らないのはあなただけ・・・早めに事実関係を調べておくことをおすすめします。訳ありトラブル解決センターにご相談ください。

③夫の不倫相手が離婚した 50代のご相談者 夫が不倫をしていて、3か月前に不倫相手とその夫を交えて話し合いをしました。

妊娠についてのご不安もあった案件です。妊娠はたいへんデリケートな問題です。相手のご家族にとっても同じです。不倫でできた子供を産む女性もいます。夫に隠して育てさせる人もいます。どのような方法が最もリスクが少ないのか、十分検討しましょう。

③不倫相手の妊娠

恋愛感情のもつれが起こす最悪の状態を防ぐ方法

人の感情は常に同じ状態ではありません。
恋愛感情は特に変化の激しい感情です。
愛情から憎しみに代わった時は厄介です。
事件になる事もあれば、
自暴自棄になって冷静な判断にかけるような行動をとるともあります。
普段、穏やかな人であっても警察沙汰を起こす結果になるケースもあります。

上記の事件のように当事者だけではなく家族やまったく関係のない近所の人にまで影響を与え、社会的抹殺を考えることもります。
巻き込まれた家族の対応もよく考える必要があります。

事件になった場合、ダブル不倫なのですからあなたの旦那様やあなたの奥様も不倫をしているのであれば非があります。どのように対処していくかをしっかりと考えておきましょう。巻き添えになる可能性も十分あり、家族としての責任を追及される、噂や好奇心の目で見られる、子供がいじめにあうなど想定外の二次被害を被ります。訳ありトラブル解決センターにご相談ください。

水面下での解決が望まれる案件です。

ダブル不倫でお困りのあなたは訳ありトラブル解決センターへ↓

性別 (必須)


注意:メールで返信しておりますので、メールアドレスは正確にご記載ください。

検索ワード (必須)
  

ご希望 (必須)
メール相談面談形式相談その他

その他の場合記載

資料の有無(必須)
  

訳あり内容 (必須)

その他の場合記載
  

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。