子供を交際相手と別れさせたい!

親にとって、子供の結婚は楽しみなもの。大人になった安心感と頑張ってきた自分に対する誇りを感じる方も多いようです。

大切に育ててきた息子や娘の結婚相手につてい不満を持っているご両親も多く、
親の希望に沿わない場合は別れさせることを考えることもあるでしょう。

結婚による親子トラブルの解決方法

結婚は恋愛と違い、家と家をつなぐ大切な関係に直結します。
個人の問題だけではなくなってくることから慎重にならざるを得ない家庭の事情もあるようです。

しかし、恋愛中の若い二人にとっては理解しがたいことかもしれません。
恋愛=結婚
この考え方を否定することでモラルを問われる時代です。

親子トラブル親子の確執といった問題も引き起こすことになるでしょう。
親の望みを子供に押し付けることが子供の幸せとも思えません。

親が避けたい子供の結婚相手ランキング

  1. 家庭環境

    極端な家庭環境の違いは、考え方の相違などからトラブルのもとになりやすいと考えられがちです。代々続く老舗や、会社経営をされている場合は特に相手を選びたい傾向があります

  2. 金銭感覚の違い

    借金やギャンブルなど、金銭トラブルのもとになります。

  3. 職種

    結婚相手の職業を気にする方は多いですが、終身雇用の時代が終わってからもうだいぶたちます。一生同じ職に就く時代ではなくなっている為、公務員以外は検討する必要が薄いようです。

  4. 学歴格差

    学歴は分かりやすく、高学歴を望む方は多いようです。しかし、高学歴と収入が比例しているわけではなく、慎重に判断した方が良いでしょう。

  5. 家系的な要素

    病気や遺伝などタブーとされているものの、孫への影響もある為気になるところです。

結婚に反対する親が注意しておきたいこと!

子供や相手を傷付けないことが重要です。

  • 感情的にならない。
  • 言葉を選んで話す。
  • 一方的な会話をしない。

最低限ですが、この3点は守りましょう。
子供の結婚に反対する親の特徴として自分勝手な行動をとりがちな傾向があります。
子供を私物化していることに気付いていないこともあります。
それが重荷になってきた子供は、親と話をしなくなるでしょう。
親から逃げたくなるのも当然です。
家出をしたり、親から逃げるために行方をくらますケースもあります。

計画的な妊娠を企むこともある為、対応は重要です。

大阪府の女性からのご依頼

大学生在学中の息子が結婚したいと言い出しました。理由は女性を妊娠させてしまったのだというのです。
息子はまだ大学2年でこれからの将来があります。どうしても結婚させたくなかったのでご相談させていただきました。
お相手の女性への対応もアドバイスしてくださって、ほっとしております。

滋賀県の男性からのご依頼

娘の結婚に心配があります。娘は30代の後半で決して若くないのですが、結婚したいという相手は親の私よりも年上で、どうしても賛成できません。
どうにかならぬかとすがる思いで依頼させていただきました。

広島県の女性からの依頼

恋愛経験がほとんど無い娘から借金の申し出がありました。決して派手な子ではなく、まじめな娘なのに・・・
最近付き合いだした男性の影響を受けていることに不安を感じて相談しました。新興宗教に関わっている相手でしたので早く相談して本当に良かったです。ありがとうございました。

福岡県の男性からの依頼

店を経営しているのでいづれは息子の代にかわります。その時のことを考えて結婚相手の女性に望むことは一つでした。資格を持っている女性であればよかったのです。しかし、息子が交際している女性は違っており、どうしていいかご相談させていただきました。妻にも私の気持ちを理解してもらうことができ、上手くまとまりそうです。

香川県の女性からの依頼

大事に育てた一人息子が婿養子に行くと言い出し、主人が激怒しました。このままでは息子が出て行ってしまうのは時間の問題だと不安になり、急でしたがご相談させていただきました。家庭のことで口外しないようにしていましたが、秘密厳守でしたので安心して依頼することができました。一生に関わる事でしたので、ご相談できてよかったです。

岡山県の女性からの依頼

結婚していた娘が逃げ帰ってきました。理由は夫の暴力、DVでした。私自身が離婚しており、家に男性はおりません。警察沙汰にするほどでもなく不安を感じていた時にこちらを知りました。警察のOBの方もおり、心強かったです。

京都府の男性からの相談

娘を旦那と離婚させたいと思って相談しました。理由は、娘の旦那が妻に借金をしていることが発覚したからです。娘は借金のことをしりませんが、隠しているトラブルがあるのだと思います。姑息な奴に大事な娘を預けるわけにはいきません。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。