子供を連れ去られた!

子供の連れ去り問題!子供を親が連れ去ったときの対応

子供を親が連れ去って、問題になる事があります。
自分の子供をどこに連れて行こうが、親に権利があるでしょう。
そこで問題が起こっています。

以下のような場合は、子供の連れ去り問題を考える必要があるでしょう。

  • 離婚の問題が起こっている。またこれから起こる。
  • 子供の親権でもめている。これからもめる。
  • 子供のが一人しかいない。
  • これから子供を持つ可能性が低い。
  • 跡取りがいない。後継者を育てないといけない環境である。
  • 離婚で親権が取れなかった。
  • 子供や孫に執着がある。

離婚調停などで子供の親権が取れない場合に、実効支配を計画することがあります。

離婚前提で子供を連れだす!

晩婚化少子化
日本の家庭では跡取り問題が深刻化しています。
離婚する夫婦の数も多く、子供の跡取り問題は必然的に増えている傾向です。

お家制度が崩壊しつつある日本ですが、実際は跡取りが非常に重要な家庭もあり、事業の継承などだけではなく家庭の存続としてもやむを得ないこともあるようです。

一緒に生活した血のつながる子供や孫はかわいいのものです。愛情があります。
自分が産んだ子供を、まさか奪われるとは思っていないかった母親からの相談も寄せられます。

孫お連れ去る祖父母の存在

離婚した元夫や元妻が子供を連れ去るケースだけではありません。
祖父母が孫を連れ去るケースもあります。

一度連れ去られた子供を連れ戻すのは、大変な労力をつぎ込むことになります。
連れ去られないように細心の注意を払うことはもちろんですが、
気づいたらすぐに対応を考えることも重要です

子供の連れ去り問題は、警察や弁護士に相談することもできないのが現状です。
特に、どちらにも親権がある状況、
つまり離婚問題がこれから起こるような時は、子供の連れ去りを計画し実行支配することで既成事実を作ってしまうこともあります。

子どもの生活環境を変えずに離婚を提案されてしまうのです。

あなたはどうしますか?
訳ありトラブル解決センターへご相談ください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。