親子じゃなかった!

親子じゃなかった!

男性にとって親子関係不存在の事実は、信頼していた妻の浮気と愛する子供の2つの問題を突き付けられる人生最大の問題です。
親子関係疑問を感じている男性からのご相談が寄せられています。
親子という概念は、血縁だけではないというものの子供との、いざ自分が子供との血縁関係に疑問を抱いた場合は深刻です。
人間も托卵(たくらん)するのですから、必然的に疑問を持つのも理解できます。

托卵とは
他の鳥の巣に産卵し、ひなを育てさせることで子孫を残す。カッコウやホトトギスなどに見られる習性。

別の男性の子を妊娠出産し、夫に育てさせる女性を怖いと思いませんか?

托卵する女性の特徴としては、

  • 人当たりが良く、一見穏やかで人懐っこい。
  • 必要以上にしやべらない。
  • はぐらかすのが上手い。
  • 投げやりなところがある。
  • 開き直りが早い。
  • 人のせいにして、謝らない。

女性の開き直りは、男性が驚くほど速く恐怖を感じることもあります。
人に寄生して生きることが上手い女性を怖いと感じたとき、あなたは対応が取れるでしょうか?

不安を感じている男性からのご相談が後をたちません。
妻に対する疑惑、子供や親族への対応もしっかりと考える必要があります。

一筋縄ではいかない真実の追及

あなたと一つ屋根の下で暮らす子ども。
愛情はある。けれど疑問もある・・・

真実を知りたいと思いませんか?

親子かどうか、鑑定できる時代となりました。
しかし、疑問を感じながらも調べない男性もいます。
子供が大きくなってからたまらなく調べてみたいと思うようになった男性もいますが、
男性の兄弟や親が疑問を抱くケースもあります。

出来れば早いうちに知っておくほうが後々起こるトラブルの回避になるのではないでしょうか?

親顔関係を知りたい理由

  1. 気になって仕方がない

    男性自身が「自分と似ていない」「違和感がある」と感じている場合が最も多く、特に成長期あたりから自分との違いを感じ始めることが多いようです。軽い気持ちでDNA鑑定に出す人もいますが、思わぬ結果に驚き相談依頼が寄せられます。

  2. 親兄弟に言われて仕方なく

    男性の両親や兄弟が疑問を感じて親子鑑定を促すケースがあります。一度疑問を感じたら、どんどん違和感が大きくなるのが親子関係。デリケートな問題のため、奥様には真実を聞かなずに証拠収集を始めるのは賢明な選択でしょう。

  3. 計算が合わない。

    男性の仕事が忙しかったり、単身赴任中などの間に妊娠するケースでは、疑問を感じることがあります。計算があわないのです。もしかすると浮気でできた子供かもしれないと思って追及しても、女性は本当のことを言わないでしょう。浮気をすんなりと認める女性はいないのです。

  4. 子供からの疑問

    子供も成長します。たわいもない会話で両親のうちどちらに似ているか話すこともあるでしょう。父親に似ていないことに不安を感じる敏感な子供もいます。たいへんデリケートな問題です。

  5. その他

    遺伝子検査が盛んにおこなわれるようになってきました。病気のリスクや、肥満、肌質、髪質など様々な身体的特徴を遺伝子レベルで知ることができる時代です。

一生隠し通せる問題ではなくなりつつある親子関係不存在問題

DNAによる親鑑定は、その正確性の進歩が目まぐるしく今では白黒はっきりする証拠になっています。
不安に感じている女性もいるのではないでしょうか?

問題は、親子関係が不存在の結果が出てしまった時です。
精神的なショックは妻の浮気の発覚についても相当なものでしょう。
妻に恨みや憎しみが湧き出すのも理解できます。

そして、妻の浮気相手についても考えるでしょう。
妻の浮気相手に制裁を与えようと考えることも重要です。

親子関係の相談先について
知人など 当者
メリット ・手軽に話せる。 ノウハウがある。

デメリットの考慮

リスク回避

秘密厳守で安心。

デメリット ・ノウハウが無い。

噂のネタになる。

・隠したいことがバラされる

・費用がかかる。
解決方法につてい

親子関係の問題は、家族や親族だけで済ませていと考える方は多いのですが、友人や知人に話したことから公になる事がよくあります。
自分だけではなく、子供や親族の恥を公にしてしまうのは絶対に避けたいこと。子供のいじめにもつながります。
相談先の選択は必須です。
絶対に無料相談で話してはいけません。

妻の浮気相手に制裁したいなど、お考えの方は伝わらないように細心の注意を払う必要があります。

親子鑑定をバラされた! 京都府の男性
息子が母親には似ていましたが、私には似ておらず妹に指摘されてDNA鑑定を行うことになりました。妹だけにしか話していませんでしたが、親子関係がない結果を知った妹が激怒し、妻や妻の両親と大喧嘩。当然、妻や息子も事実を知ることになりました。このような結果になるなら、妹ではなく専門家に相談しておけばよかったです。

隠しておく時間を持つことでいろいろな対策を考える時間ができます。
怒りに任せて行動を行うことで予想外の結果を招くのは大変残念です。
専門家への相談は早い方が良いでしょう。

DNA鑑定結果をどう使うか 愛知県の男性
1年前にDNA鑑定を行い、私だけ結果を知っていました。結果は親子がなく、知った時はショックでした。その後妻との関係が悪くなり、実は今交際相手がいます。妻にはまだ知らせていませんが、離婚して再婚したいと考えているので相談させていただきました。

夫から妻への復讐を考える方もいます。リスクを考慮した対応を入念に検討する必要があります。
新しい生活をどうぞ満喫してください。

高校生の息子との親子トラブル 岡山県の男性
次男は小さいころから長男とも私とも違っていることに違和感を感じていました。自分だけではなく、新規も違和感を感じていたかもしれません。次男が生まれる当時、私は仕事が忙しくほとんど家にいませんでした。妻の妊娠に不自然さも感じていましたが、このままずっと疑問を感じているのも苦しいのでどうしようか相談させていただきました。

親子関係についてどうせ調べるのならば早い方が良いという男性は多いです。子供が幼い時の方が調べやすいこともありますが、子供の将来、ご自分の将来を考えても早い方がいろいろなことができるのではないでしょうか?

親子関係の悩みの相談先を探している 徳島県の男性
自慢の息子との親子関係に疑問を感じていますが、相談先がないので依頼することにしました。狭い人間関係では不用意な心配がになりかねません。疑っていることを妻や子供本人に知られたくないこともあり相談させていただきました。

親子関係に疑問を感じていることを奥様や子供に話せない男性のお気持ちお察しいたします。
「疑問をいだく」こと自体が悪のように思われがちな風潮も無いことはないので、むやみやたらに人に話すことはリスクです。
当社は秘密厳守でご依頼いただけますので安心です。

父親と血縁が無いかもしれない不安  広島県の女性
社会人になってもう5年、そろそろ結婚を考えています。相手の男性に以前両親を紹介したときに「お父さんとはぜんぜん似ていない」と言われました。3人兄弟で、私だけ母にも父にも似ていないような気がしていましたが、真相はどうなのだろうと気になっています。中学生のころ母に一度聞いたことがありますがはぐらかされました。もしかすると・・・と思うと不安で眠れないので相談させていただきました。

親子関係は血縁だけではないとは言うものの、事実を知りたいと思うのも当然です。
結婚をきかっけに「家族」を見直す人は多いものです。
親子関係については何十年も疑問を抱えたまま生きている方もいますが、現在は鑑定の制度も上がっているのでDNA鑑定を受けられる方が増えています。
問題は、鑑定結果が出た後です。
よく考えて対策を立てるには専門家の力添えがある方が良いでしょう。

父の対応に疑問   広島県の女性
母が病気になり余命宣告を受けています。当然、遺産の話が出ているのですが父がなぜか私だけに遺産の話をしないのです。昔から他の兄弟に比べると私には冷たかった父ですが、母の看病を一番している私に何故?悲しみと憎しみで複雑な心境です。知人に話したときに冗談半分で「親子じゃなかったりして」と言われて以来気になって仕方がありませんでした。父との親子関係をこっそり調べた結果、親子ではないことが分かり何らかの対応をとるために相談しました。母が生きているうちに対応ができて良かったです。

親子関係が不存在の場合、遺産でもめるケースはよくあります。
知らないのが本人だけで、画策され家族から放り出されるケースもあり、何も知らない本人だけがつらい思いをすることも。
早めの対策が行えて本当に良かったです。

 

お問い合わせはコチラから

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。